フローチャートを書く能力はプログラマーにとって必須スキルであり、優秀なプログラマーになるための第一歩です。なぜなら、フローチャートの有無、もしくはフローチャートの内容次第で出来上がるプログラムの品質に大きな差が出るためです。 だからこそ、若手プログラマーやSE教育の場で必ず登場するのです。

しかし、フローチャートというテーマは、それだけで書籍1冊になるほどの分野であり、多忙なIT業界においていかに効率的に学習するか悩んでいる方も多いと思います。

プログラマーとしてスキルを高めたいが…

  • 実はそもそもフローチャートのことをよく理解していない
  • 最低限の知識で良質なフローチャートを作りたい
  • フローチャートを書くことに自信がないが、今さら人には聞きづらい

このようなことをお思いではないですか?このような悩みから解放頂けるよう、最短ルートで良質なフローチャートを書くための方法を1ページにまとめました。
そこそこ長い記事ですが、本一冊読む10分の1の労力で読めます。この記事を最大限活用して効率的にフローチャートを学んで下さい。

Contents

1.フローチャートとは

フローチャート(flowchart)とは、プログラムの流れを設計するための図解術です。
別名「流れ図」とも呼ばれており、直感的に理解しやすい構造をしています。
プログラマーやSE教育の場では必ず習う重要なものです。基本情報処理試験や応用情報技術者試験でも出るものですので、プログラマーやSEの方はしっかり基本を覚えましょう。

フローチャーチは、主に以下3ケースで利用されます。

  • プログラムの概要ロジックの設計
  • プログラムの詳細ロジックの設計
  • 業務フローの設計、可視化

人気のある記事